函館で格安で外壁リフォームするなら!

函館外壁リフォームするとなったら「どこのリフォーム業者が信頼できるか?」「どの工務店に頼めば安いか?」

 

なかなか難しいですし、正しい答えはあってないようなものです。外壁はリフォームのカテゴリーの中でも工事料金が高額になるところなのでなおさら業者選びが難しいです。

 

外壁は、壁や床のように安いリフォームではないので、ある程度時間をかけて慎重にリフォーム業者を選ぶことは大切なことです。

 

間違ってもはじめて飛び込みの営業に来た会社や、電話帳で適当に選んだところを1社だけコンタクトを取って、業者の言われるがまま外壁リフォームを依頼することは避けましょう。

 

確実に足元を見られて高い料金を支払う羽目になっていまいます。

 

今の時代、まずはネットで一括見積もりをして適正な料金を確認することからスタートです。利用料金は無料なので損するリスクはありませんし、加盟店も厳しい審査をクリアーした優良な業者のみが登録されているので安心です。

 

\函館外壁リフォーム業者一括見積もり窓口/

外壁リフォーム函館

外壁リフォームを行う前は費用を見積もりしてもらいましょう。

戸建てを所有している方は、いつか外壁リフォームをするタイミングがやってきます。外壁は雨や風、台風といった自然現象で経年劣化していきます。普段から手入れが出来れば一番いいのですが、外壁はそう簡単に手入れが出来るものでもありません。新築の場合、築後おおよそ15年程度経過したときには外壁が大分劣化してきている事でしょう。

 

そうなる前に外壁リフォームの費用を貯蓄しておきたいものです。外壁リフォームの費用は、対象となる広さやリフォームの種類によって異なってきます。どの程度リフォームしたいのか、費用はどの程度で抑えたいのか、それぞれ事前に決めておくことでリフォームの段取りがスムーズになります。また、外壁リフォームを発注する業者によっても費用は異なってきます。

 

大手の業者よりも地元で活躍しているマイナーな業者の方が安くきれいな仕事をしてもらえるケースも珍しくありません。外壁リフォームを行う際には、まずはインターネットなどで業者を複数検索し、現地調査を行ってもらいましょう。その上で、どの程度のリフォームを検討しているのか、どの程度の費用を用意できるのかを確実に伝えましょう。内容や予算に合わせて提案してもらえる業者も多くありますので、伝えておいた方が後々のトラブルも避けることが可能です。戸建の場合、一般的な外壁の修繕、塗り替えであれば数十万円程度で済むケースもあります。但し、程度によっては二百万円程必要になることもあります。少し多めに費用を考え、計画的に貯蓄しておいた方が良いでしょう。

スムーズなリフォームのために!外壁リフォームにオススメの季節

外壁リフォームは年中を通じて工事が可能と言われているので、基本的にはいつでもリフォームを依頼しても問題はありません。ですが外壁リフォームの工事のひとつである塗装に使われている塗料は、「気温が5度以下」「湿度が85パーセント以上」の条件の場合は固まりにくいと言われています。そのため、リフォームそのものはいつでも工事が出来るものの適している季節と適していない季節が存在していると言われているのです。

 

例えば適している季節としてはいつなのかですが、気温が安定していて雨も少なく湿度もそこまで高くなりにくい「春」がおすすめされています。特に4月や5月は突然の雨が降る可能性もありますが基本的には天候が安定しているので、リフォーム工事が中断しにくくスムーズに工事を完了しやすいと考えられています。この条件と同じ「秋」も外壁リフォームがしやすいと言われている季節のひとつで、中でもまだ暖かい9月や10月頃がおすすめです。

 

それとは反対に適していない季節として言われているのが、梅雨の季節である6月です。この時期は天候が崩れやすく雨続きになりやすいので塗装が落ちやすいだけではなく、リフォーム工事そのものが中断しやすくなってしまうところも適していない理由だとされています。ほかにも暑さが原因で表面がすぐ乾く反面泡が立ちやすい「夏」や、すぐに暗くなってしまって作業時間が短くなりやすい「冬」は適していないと言われています。

外壁リフォーム、工期はどのくらい?

外壁リフォームをするとき、費用とともに気にかかるのがどれくらいの工期がかかるかということです。状況によって異なりますが、一般的な家屋を施工した場合、だいたい10日〜14日というのが平均的な期間です。一般的な流れは次の通りになります。

 

初日は住まいの周りに足場を組みます。これは工事のすべての土台となりますので、1日かけてしっかりと組み上げます。2日目に外壁をしっかり洗浄。汚れや苔、カビなどを残したまま塗り替えをすると、剥がれやすくなるため、細部までしっかり洗いあげます。3日目に、ドアや窓ガラス、植木など塗装の際に汚れては困る物をビニールで覆い、下地処理に取り掛かります。4日目以降、いよいよ実際に塗装に入ります。下塗り、中塗り、上塗りとそれぞれ1日かけて行います。屋根の塗装も同時に行う場合は、また下塗り、中塗り、上塗りを行います。その後養生した部分を剥がして、細部まで点検し、1日かけて足場の解体を行い清掃して終了です。

 

ただし、外壁リフォームは雨の日はできませんので、雨が続くと工期が延びてしまいます。また湿度が高いと塗料の乾きが悪くなるため、梅雨時期は更に期間が延びることがあります。なお、天気の関係で工期が伸びた場合は、基本的に追加料金は発生しません。
外壁リフォームは、しっかり時間をかけて塗料を乾燥させる必要があります。そのためどうしても10日はかかります。あまり工期の短い業者の場合は、塗料の乾燥時間をしっかり取っていない、どこかで手を抜いているなどの可能性がありますので、注意が必要です。

外壁リフォームするなら!補助金制度を知っていますか?

一戸建ての住宅を建てたら不可欠となるのが外壁リフォームです。通常5年から10年でその必要性が出てくると言われ、リフォームに備えて資金を準備しておかなくてはなりません。放置するとひび割れなどから雨水が入り込み、住宅に大きなダメージを与えてしまうからです。外壁リフォームの相場は50万円〜150万円ほどで、住居を建てたばかりでまたお金がかかるのは頭の痛い問題です。そんな時に役立つのが補助金制度です。

 

住宅に関するリフォームの補助金制度は、大きく3つのジャンルに分けられ、「耐震・防災」関連と、「省エネ・環境対策」関連、「バリアフリー・高齢者向け」のものがあります。外壁リフォーム工事の内容が、これらのいずれかに該当しているなら、補助金制度を利用できる可能性があるでしょう。国や都道府県、市区町村でそれぞれ補助金制度が実施されているため、自分の住所のある自治体で該当する制度があるかどうか調べてみる事が大切です。

 

依頼した業者が申請の代行をしてくれる場合もあり、聞いてみるのも良いでしょう。原則としてリフォームの施工前に補助金利用の申し込みをする必要があります。補助金制度の実施期間は一定期間に限定されている場合もよくあり、リフォームの予定があるなら見逃さないようにしたいものです。いつ行われているか把握し、それにあわせてリフォームの時期を決めるのも良い方法です。補助金制度のほか、所得税や固定資産税から一定の控除が受けられる場合もあるので、自治体の情報をチェックしてみることをお勧めします。

新築みたい!サイディングの施工方法とは?

外壁リフォームのサイディングについて、知っておいたほうがいいのが施工方法です。施工方法には直貼りと通気工法の2種類がありますが、施工面上で選ぶ場合と機能性で選ぶ場合もあります。まずそれぞれの施工方法の説明をします。直貼りは、今の外壁の上から直接釘やビスで貼る方法です。ほとんどの場合が専用の釘で貼っていきますが、外壁の中にある下地部分の間柱や桟木と密接につながる為、揺れに対して強くなります。

 

ただし、施工後に釘の頭部分が外から見えるため、美観性が少し損なわれます。通気工法では、今の壁にまず金具や桟木を取り付けます。これは外壁材を貼った時に空気層をつくるためです。空気層をつくる事で、湿気を下へ逃がす効果があり乾いた状態を維持することができます。これも釘打ちした場合は釘の頭部分が外に見えますが、金具でとめる場合はまったく外には見えません。

 

釘打ち施工では揺れには強くなるが、美観性が少し損なわれるのに対して、金具施工は美観性は良くなるけど、釘打ちほどは揺れに対する強度はあがらないということです。施工方法の選び方としては、外壁を横から見た時にどれくらいでているかがポイントです。元々サッシが外壁より内側に入り込んでいる場合には、通気工法のように空気層を作ると、施工後の外壁材が外に飛び出したように見える為、直貼りで施工します。反対にサッシが外壁より出ている場合は、通気工法で施工します。どちらの方法で施工しても、サイディングは今よりも美観性や揺れに対する強度を高めてくれますので、自分が重要視する方法で施工する事が大事です。

 

\函館外壁リフォーム業者一括見積もり窓口/

外壁リフォーム函館